メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一つのパラ「サイバスロン」 最新義肢、生活密着の技競う

サイバスロン車いすシリーズ日本2019で課題に挑戦する選手たち=川崎市川崎区のカルッツかわさきで2019年5月、宮間俊樹撮影

 最先端のハイテク義肢装具を使った障害者のレース「サイバスロン」をご存じだろうか。電動車いすや動力つきの義足などを利用してタイムや動作のなめらかさを競う。2016年にスイスで最初の大会が開かれ、今年5月に2回目が同じスイスで開かれる。「もう一つのパラリンピック」と呼ばれるが、その狙いは異なるところにある。【五十嵐朋子】

 パラリンピックでは動力のついた義肢装具は使えないが、サイバスロンはハイテク機器が使われ、その性能が結果を左右する。操る障害者は「パイロット」と呼ばれ、機器開発者と障害者がチームで戦う。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです