メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一つのパラ「サイバスロン」 最新義肢、生活密着の技競う

サイバスロン車いすシリーズ日本2019で課題に挑戦する選手たち=川崎市川崎区のカルッツかわさきで2019年5月、宮間俊樹撮影

 最先端のハイテク義肢装具を使った障害者のレース「サイバスロン」をご存じだろうか。電動車いすや動力つきの義足などを利用してタイムや動作のなめらかさを競う。2016年にスイスで最初の大会が開かれ、今年5月に2回目が同じスイスで開かれる。「もう一つのパラリンピック」と呼ばれるが、その狙いは異なるところにある。【五十嵐朋子】

 パラリンピックでは動力のついた義肢装具は使えないが、サイバスロンはハイテク機器が使われ、その性能が結果を左右する。操る障害者は「パイロット」と呼ばれ、機器開発者と障害者がチームで戦う。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです