メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

37セカンズ しなやかに壁を破る

映画「37セカンズ」の一場面

 身体に障害があり車椅子の生活をする23歳の女性ユマ(佳山明)の物語。障害のある人が登場する映画は、とかく障害者自身よりも周囲の人の見方や接し方、その変化を問う作品が目立つが、本作はユマ自身の自立、成長に特化したと言ってもいい。障害者も健常者も変わらない。思い悩み、自分の中の壁を破ろうとする。その懸命な姿にひきつけられ共感を呼ぶ。

 ユマは過保護な母親(神野三鈴)と2人暮らし。友人で漫画家のSAYAKAのゴーストライターをしている。自分の名前で漫画を描きたいと願い、アダルトコミック誌の編集長に見せるが「リアルさに欠ける」と言われ、自ら性への扉を開こうとする。ユマは障害者向け風俗嬢の舞(渡辺真起子)、介護福祉士の俊哉(大東駿介)と出会う。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです