メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

美術 /東京

[PR]

 ■かこさとしの世界展 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

 4月5日まで、10~19時、八王子市夢美術館(東京都八王子市・八王子駅)。2018年、92歳で死去した絵本作家のかこさとしは、代表作「だるまちゃんとかみなりちゃん」(1968年、福音館書店)から「海」「地球」などの科学絵本まで、子どものために生涯600を超える作品を生み出した。

 同展では、少年時代に描いたスケッチや絵日記、子ども会での紙芝居、これまで発表されることのなかった絵本原画や下絵なども公開。今月21日14~15時、かこさとしの長女、鈴木万里さんを迎え、会場内を巡りながら、絵本ができるまでの制作秘話を明かすギャラリートークを催す。休館日は月曜(祝日は開館し、翌平日)。一般600円、小学生以上と65歳以上300円。小中学生は土曜無料。042・621・6777

 ■創る女たち

 8日~3月15日、9時半~17時、佐野市立吉澤記念美術館(栃木県佐野市・葛生駅)。美術の歴史の中で、女性は美術の専門教育を受けて生計を立て、批評の対象となる作品を発表し続けることは困難だった。同展は、近代以降の女性作家の作品収集、展示に力を入れてきた栃木県立美術館所蔵作品で構成。作品とともに、各作家の生き方も紹介する。昨年10~12月に開催予定だったが、台風19号による被災の影響で会期を変更した。休館日は月曜(2月24日は開館)と2月12、25日。一般520円。15日は無料。0283・86・2008

 ■西洋近代美術にみる 神話の世界

 8日~3月22日、9時半~17時、群馬県立近代美術館(高崎市・高崎駅からバス)。18世紀半ばから20世紀にかけての作家を取り上げ、ギリシャ・ローマ神話や古典古代を主題とする作品を展覧。国内に所蔵されている絵画、版画連作、彫刻作品約60点と、イギリス・リバプール国立美術館が所蔵するロイヤル・アカデミーの作家の作品2点を展示する。休館日は月曜(2月24日は開館)と2月25日。一般820円、高校・大学生410円。027・346・5560

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです