メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木製ストローで環境保全 横浜のホテルで販売 障害者雇用創出も /神奈川

間伐材を使った木製ストロー=横浜市提供

 横浜市内の企業で障害のある人たちが製造した木製ストローの販売が、市内のホテルで始まった。原材料は、横浜市が山梨県内に保有する水源林の木材で、市はプラスチックごみ削減や地球温暖化対策のみならず、障害者の雇用機会の創出や水源林の保全にもつながると期待している。【樋口淳也】

 木製ストローの原材料は、山梨県道志村に横浜市が保有する水源林の間伐材。木材を0・15ミリの薄い板状にスライスし、市内の企業で金属棒を芯にして丸め、食用にも使えるのりで接着してストロー状にした。

 「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」(横浜市西区)は5日から、ホテル内のレストランなどでこのストローの販売を始めた。初めての導入事例といい、1本55円のストローを「お土産にしたい」と数本まとめて購入する人もいて好評という。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです