長距離観光列車「銀河」5月運行 車両デザインの建築家、川西康之さんに聞く 遊び心込め“旅”再定義 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウエストエクスプレス銀河のデザインをした川西康之さん=大阪府吹田市で、望月亮一撮影
ウエストエクスプレス銀河のデザインをした川西康之さん=大阪府吹田市で、望月亮一撮影

 JR西日本が5月から運行する長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」。9月までの臨時夜行特急として、神戸、姫路など兵庫県内も通りながら京都・大阪―出雲市(島根県)間を週2往復走る。「銀河」をデザインした建築家、川西康之さん(44)=東京都品川区=に新車両に込めた思いを聞いた。【高橋昌紀】

 紫がかった青い瑠璃紺(るりこん)色の車体が鈍くキラリと輝いた。

 「これまでにない風格のある色を選びました。光の当たり方で輝きが変化し、昼と夜、晴れ、曇り、雨とそれぞれに別の顔を見せてくれますよ」。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1095文字)

あわせて読みたい

注目の特集