メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お灯まつり 炎の帯、幻想的に 新宮・神倉神社 /和歌山

たいまつを手に、神社からの急な石段を駆け下りる白装束の男たち=和歌山県新宮市で、小出洋平撮影

 新宮市の神倉神社で6日夜、1400年以上続くとされる勇壮な火祭り「お灯まつり」(国重要無形民俗文化財)があった。参加者はたいまつを手に石段を駆け下り、炎の帯が夜空を染めた。

 神倉神社は同市の世界文化遺産、熊野速玉大社の摂社。この日は、神社のある神倉山のご神体である巨岩「ゴトビキ岩」の周辺に、白装束…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです