メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

日伊の新型肺炎対応=西川恵

 <kin-gon>

 横浜市の大黒ふ頭に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。約3700人の乗員乗客のうち、新型コロナウイルスへの感染が確認されていない人は、ウイルス潜伏期間相当の14日間、船内にとどまる。これはこれで大きなストレスだ。

 検疫は英語でquarantine。イタリア語のquarantenaから来ている。元は「40日間」という意だが、「検疫期間」という意味がある。イタリアが都市国家だった16~17世紀、アフリカから奴隷を運んできた帆船にベネチア共和国はすぐには上陸を許さず、沖に40日間停泊させた。40日あれば、たとえ伝染病の保菌者がいても顕在化する日数として十分との考えでとられた措置だと、元駐チュニジア大使の多賀敏行氏が著書「外交官の『うな重方式』英語勉強法」で書いている。

 もっとも最初は40日ではなくて30日だった。14世紀、中東、アフリカの黒死病(ペスト)感染地域からやってくる船に対して、シチリア島が30日間の上陸を禁じたのが始まりという。シチリアは目と鼻の先が中東、アフリカで、欧州大陸との交易の中継地だった。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文1031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです