メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

小澤綾子さん=筋ジストロフィーと生きる歌手

 会社員の傍ら全国でライブや講演を続けている。年が明けて間もない1月6日、東京の名門ライブハウス「ブルース・アレイ・ジャパン」でスポットライトを浴びた。「障害や国籍など多様な人々が支え合う社会を」とのメッセージを込めて日本財団が主催した芸術祭の第3弾のジャズライブ。かつてジャズの巨匠マイルス・デイビスも演奏をした舞台で、オリジナル曲「希望の虹」を自身の人生に重ねながらかみしめるように歌い上げた。

 小学生のころから歩きづらくなった。病名がわからないまま病院を転々とした。全身の筋肉が徐々に衰えていく難病「筋ジストロフィー」と告げられたのは20歳の時だ。およそ10年後には車椅子、その後は寝たきりになる……。医師から厳しい現実を突きつけられ、生きる意義を見失った。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです