メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ZAZAの代表取締役CEO、永津豪さん

 ほとんどの大学生にとって、就職活動とは採用してくれる事業者を探すことだろう。だが、自分の夢や思いをかなえるため、組織を作り、人を動かしている現役大学生がいる。東海地方は、その保守的な経営マインドから「起業不毛の地」ともいわれてきたが、近年は産学官が協力し、若者を支援する動きが広まりつつある。起業した先輩たちに楽しさや苦労を聞いた。(取材=名古屋大・坂口和香奈、南山大・藤田桃歌、中京大・町塚貴綱)

 訪日旅行客に、日本人の主婦らと一緒に家庭料理を作り、食べるサービス「air Kitchen(エアキッチン)」を提供している。外国人に人気のラーメン、すし、うどん、天ぷらなどなど、盛りだくさん。受け入れホストは、住所や自己紹介、料金などを登録。それを見た客が申し込むとマッチングが成立する。エアキッチン側が手数料として1割を受け取る仕組みだ。世界80カ国、計約2万人が登録した。

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです