特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜」招待の内訳表、官房長への報告は「当然したが、いつかは……」内閣府 野党ヒアリング詳報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会内で開かれた安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党合同追及本部ヒアリング=2020年2月6日午後5時45分、川田雅浩撮影
国会内で開かれた安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党合同追及本部ヒアリング=2020年2月6日午後5時45分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の問題を巡り、野党の合同追及本部は6日、政府側にヒアリングを行った。「桜を見る会」の招待者の内訳として、「総理枠」や「各省庁枠」などが示された「内訳表」について、野党議員が資料要求していたにもかかわらず内閣府が提示していなかった点に非難が集まった。また、桜を見る会と前夜祭の違法性を追及している弁護士2人も出席した。主なやりとりは次の通り。【古川宗、江畑佳明/統合デジタル取材センター】

「8カ月間隠蔽したのでは」

 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) 前回の31回目のヒアリング以降、新たな事実が出てきた。1月21日のヒアリングで内閣府が出した直近年の招待者1万5000人の内訳で、総理大臣等の推薦で8800人だった。このペーパーを菅(義偉)官房長官が知ったのが1月20日だという。毎日新聞は「(内閣府は)5月にも把握していたのに8カ月間隠していたのではないか」と記事にしている。これを内閣府に確認したところ、「記事は誤報だ」と言った。「隠蔽(いんぺい)という事実はない」と。

 ただ内閣府は、5月以降、このペーパーがあることはずっと承知していたが、菅官房長官にこの事実を伝えたのは1月20日だった。その間、(衆院議員の)宮本(徹)さんや私も質疑している。さらに、去年の11月20日の内閣委員会で初めて菅官房長官は、(招待者の)内訳の数字を言った。本来、その時点で(官房長官は内訳表を)知っていなければいけないし、それを(事務方が)知らせていなければ、日本語で言うところの明らかな隠蔽だ。

 酒田元洋・内閣府官房総務課長 お答え申し上げます。その時点その時点で、必要な手元に持っている資料をもとに、ご回答をさせていただいていたというふうに考えております。例えば、招待者の推移につきましては、先日お出ししました内訳表をもとに、総数はお答えをしていたというふうに思います。

 宮本…

この記事は有料記事です。

残り3611文字(全文4409文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る