稲田朋美氏、なぜ「イメチェン」その心の奥は…保守層抵抗感強い政策、熱心に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性議員メンバーの一人、稲田朋美・自民党幹事長代行=東京都千代田区で2019年12月9日、森有正撮影
女性議員メンバーの一人、稲田朋美・自民党幹事長代行=東京都千代田区で2019年12月9日、森有正撮影

 安倍晋三首相に近く、「保守」の印象が強い自民党の稲田朋美幹事長代行の「イメージチェンジ」が永田町で話題となっている。昨年から女性活躍に焦点を当て、2020年度税制改正大綱では未婚のひとり親支援に注力。選択的夫婦別姓の実現も目指している。いずれも伝統的家族観を重視する保守層には抵抗感が強い政策だ。稲田氏の「変化」の裏にあるものは――。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文1991文字)

あわせて読みたい

注目の特集