メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ANAと京急、障害者らの次世代移動支援「MaaS」で連携を開始

京急の電車から駅員の手助けで降りる車椅子の女性=神奈川県横須賀市で2020年2月7日、石田宗久撮影

 全日本空輸(ANA)と京浜急行電鉄は7日、車椅子の高齢者や障害者らの移動を支援する次世代の移動サービス「MaaS(マース)」で連携を始めたと発表した。バリアフリーの経路を案内し、飛行機と電車など異なる交通機関をスムーズに乗り継げるよう支援する。羽田空港から神奈川県横須賀市への旅行を想定したスマートフォン専用アプリを開発して実証実験中で、2020年度の実用化を目指す。

 車椅子の利用者は移動に時間がかかるのを敬遠して旅行をためらう傾向があるといい、心理的なハードルを下げようと企画した。専用アプリは、利用者が目的地を入力すると階段やエスカレーターを避けた移動経路を表示。鉄道で移動中は、次に停車する駅名などをアプリ上に表示する。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです