ローソン、利益の低いFC加盟店に月4万円支給 新たな支援策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ローソン=曽根田和久撮影
ローソン=曽根田和久撮影

 ローソンは7日、利益の低いフランチャイズチェーン(FC)加盟店に月4万円を支給する制度を設けるなど新たな加盟店支援策を発表した。FCの契約期間を5年に短縮する契約パッケージを新設するほか、本部の数値目標を加盟店の売り上げから利益に変更する。年間約400億円を充て、加盟店の経営基盤の安定を目指す。

 4万円の支給は、1店舗だけ経営する店主のうち利益が低い約1200人が対象で、経営基盤を安定させるた…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集