メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎「告発」の武漢医師死亡 中国で噴き出した「強権体制批判」

 新型コロナウイルスによる肺炎で、中国・湖北省武漢市の医師、李文亮さん(33)が7日未明に亡くなり、国内に大きな波紋が広がっている。李さんは中国が新型肺炎を公表する前から危険性を訴えていたが、「デマ」として公安当局に処分された。人々の間には医師の声を封殺して感染拡大を招いたとの怒りが広がり、「言論の自由」を求める声が異例の高まりを見せる。習近平指導部は体制を揺るがしかねない事態と危機感を強めており、地元当局の責任追及に動いて世論を沈静化させようとしている。【北京・河津啓介】

 亡くなった李さんは眼科医として武漢市有数の医療機関「市中心医院」に勤務していた。

この記事は有料記事です。

残り1827文字(全文2107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

  4. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  5. EU外相、米黒人拘束死を「権力の乱用」と非難 デモは欧州に飛び火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです