メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳性まひの25歳が演じる「大人の女性」への飛躍 映画「37セカンズ」公開

映画「37セカンズ」の一場面。かいがいしく面倒を見てくれる母(右)に息苦しさを感じるユマ=(C)37 Seconds film partners

 大阪府出身で脳性まひの佳山明(かやまめい)さん(25)が7日に公開された映画「37セカンズ」(HIKARI監督)でデビューし、生まれる時にたった37秒息ができなかったために体に障害を負った女性が自立する姿を演じた。作品は第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で観客賞など2賞に輝いたのをはじめ、世界各地の映画祭で評価されている。佳山さんは「貴重な経験をさせていただき、私自身大きく変わることができた」と話す。

 今も大阪府内に住む佳山さんは、中学で寮に入り自立の道を歩み始めた。日本福祉大学社会福祉学部を卒業し、社会福祉士の資格も取得している。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです