メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪テーマに巨大雪像 「旭川冬祭り」始まる 新型肺炎影響で外国客少なく

大小さまざまな雪像が並ぶ旭川冬まつりの会場=北海道旭川市で2020年2月6日、横田信行撮影

 北海道・道北最大の冬の祭典「第61回旭川冬まつり」(実行委主催)が6日始まった。積雪が平年の6割程度で、雪不足が心配されたが、必要量を確保して予定通りに開幕。旭川市の石狩川旭橋河畔をメイン会場に11日まで、さまざまなイベントが開かれる。

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国からの団体旅行が中止された影響もあり、外国人観光客は少なめだった。新型肺炎の感染が道内でも確認されたことから、実行委は接…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  3. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです