クルーズ船の感染者61人に 1人は重症 5都県の医療機関に搬送

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は7日、横浜市の大黒ふ頭に着岸しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新たに乗客41人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。6日までに20人の感染が判明しており、船内の感染者は計61人となった。5日に感染が判明した10人のうち1人が重症という。新たな感染者は東京都、埼玉県など5都県の医療機関に搬送される。

 厚労省によると、クルーズ船には3711人が乗船。このうちせきや発熱など症状がある120人と、症状がある人や香港で既に下船し感染が判明した男性と長時間接触した153人の計273人について検査をし、すべての検査結果が出そろった。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文711文字)

あわせて読みたい

注目の特集