みんなに福を呼び込みタイ 奈良・桜井「三輪の初えびす」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鯛引き行事で練り歩く子どもたち=奈良県桜井市で、広瀬晃子撮影
鯛引き行事で練り歩く子どもたち=奈良県桜井市で、広瀬晃子撮影

 奈良県桜井市三輪の恵比須(えびす)神社で5日、「三輪の初えびす」が始まり、地元の子どもたちが古代衣装などを着て町を練り歩く「鯛(たい)引き行列」などが営まれた。

 商売繁盛や家内安全を願って営まれる初えびす(5~7日)の行事の一つ。同神社は日本最初の市場とされる古代の「海石榴市(つばいち)」の守護神…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

あわせて読みたい

注目の特集