メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不登校支援、特別支援学校の就労体験…教育にICT活用 大阪府

大阪府庁

 大阪府は2020年度から、府立高の不登校の生徒がテレビ電話で教員と面談したり、特別支援学校の生徒がゴーグル型端末によるVR(仮想現実)で就労体験したりするICT(情報通信技術)の教育現場での活用を充実させる。吉村洋文知事が6日に22年度以降に府立高校の全生徒にノートパソコンなどの情報端末を配備する方針を示すなど、ICT化を重点施策に位置付ける。

 国の補助制度を活用し、20年度中に府内の小中高の校内ネットワークが整備される見通しで、府はこのインフラを最大限教育に生かす。不登校支援では、府教育センター(大阪市住吉区)の生徒と在籍校の教員をテレビ電話で結び、気軽に学習や生活の相談をできるようにする。府教委は「今まで以上に密接につながり、学校復帰の後押しになる」と期待を寄せる。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです