「遠慮なく雑談できる場を」 吃音当事者自助団体、香川に3月設立へ 吃音の記者が取材

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「第2回香川吃音のつどい」で講演する岡部健一さん=高松市で2020年1月19日、佐々木雅彦撮影
「第2回香川吃音のつどい」で講演する岡部健一さん=高松市で2020年1月19日、佐々木雅彦撮影

 どもっても互いに遠慮なく雑談できる場をつくろう――。吃音(きつおん)当事者の自助団体「香川言友(げんゆう)会」が3月、香川県内に設立される。言友会は31都道府県にあるが、これまで香川にはなかった。吃音とは、どもってスムーズに話せない言語障害の一つ。人前で話すことを恐れ、コミュニケーションを避けて生きる人もいる。私(54)にも吃音がある。設立に向けた活動に記者兼当事者として参加し、吃音に悩む人たちの願いを取材した。【佐々木雅彦】

 香川に自助団体を作りたいと声を上げたのは、高松市の会社員、山下千英さん(39)だ。2019年初めに、各地の言友会を束ねるNPO法人全国言友会連絡協議会(全言連)に相談、全言連が同年9月、「まず賛同者を募ろう」と「第1回香川吃音のつどい」を開いたところ、約65人が集まった。当事者以外にも、吃音者を支援する言語聴覚士も参加した。つどいを計3回開いて、設立メンバーを集めることになった。これらの経緯を私…

この記事は有料記事です。

残り2399文字(全文2815文字)

あわせて読みたい

注目の特集