メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府、新型肺炎で経営悪化の中小企業などに緊急融資制度創設

大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

 大阪府は7日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、世界的な感染拡大の影響で経営が悪化した中小企業や個人事業主を対象に、独自の緊急融資制度を創設することを決めた。観光業や製造業などを想定している。府には「中国の港湾施設がストップし商品が輸出できない」「今後の資金繰りが心配だ」などの相談が寄せられ…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです