メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位記念の特別展「令和の御代を迎えて」 皇居・三の丸尚蔵館で8日開幕

天皇陛下が皇后雅子さまとの結婚の儀で着用された黄丹袍(おうにのほう)=宮内庁提供

 天皇陛下の即位を記念した特別展「令和の御代(みよ)を迎えて」が皇居・東御苑の宮内庁三の丸尚蔵館で8日から始まる。即位儀式のために作られた調度品に加え、陛下が小学生時代に使われたランドセルや皇后雅子さまの英語の辞書などゆかりの品々が展示される。

 前半は3月12日まで、後半は同14日~4月12日の期間で、展示品は入れ替えられる。

 2019年11月の大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀で、陛下が供えた米の産地を描いた「悠紀(ゆき)・主基(すき)地方風俗歌屏風(びょうぶ)」(縦2・4メートル、横8・2メートル)が展示される。前半は栃木県、後半は京都府の風景を描いたものが公開される。大饗(だいきょう)の儀で天皇、皇后両陛下の前に飾られた銀製の置物は全期間、出展されている。

 陛下のランドセルは上皇さまが使っていたものが譲られた。皇后さまの辞書は、英国留学中などに使われたものという。両陛下の大学卒業論文などを含め、前半に展示される。

 開館は午前9時から。無料。休館日など詳細はテレホンサービス(03・5208・1063)。【稲垣衆史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです