メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 新型肺炎 マスク争奪戦 WHO「手洗いを」

マスクが店頭からなくなった店

[PR]

 新型しんがたコロナウイルスの感染拡大かんせんかくだいで、マスクの品薄しなうすひろがっています。インターネットじょうでは通常つうじょうの10ばい高額こうがくでの転売てんばいられます。ただ、世界保健機関せかいほけんきかん(WHO)は、感染かんせんふせぐにはマスクよりも手洗てあらいのほう効果こうかてきで、ウイルスに感染かんせんしたひとは、流行りゅうこうひろげないためにマスクをすべきだと指摘してきしています。

 WHOは、新型しんがたコロナウイルスについて、世界的大流行せかいてきだいりゅうこう意味いみする「パンデミック」ではなく、根拠こんきょのない情報じょうほう大量たいりょう拡散かくさんするインフォデミックがきているとみています。科学かがくてき確認かくにんされた情報じょうほう発信はっしんしていくかんがえです。

 専門家せんもんかあいだでは、ちかくで症状しょうじょうがあるひとのせきやくしゃみなどをびる可能性かのうせいがある場合ばあいには、マスクも一定いってい効果こうかがあるとかんがえられていますが、野外やがいなどでは十分じゅうぶんには予防よぼうできないとの意見いけん一般的いっぱんてきです。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです