メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

河合純一JPC委員会委員長

就任記者会見で抱負を語る日本パラリンピック委員会の河合純一委員長=東京都中央区で1月10日

 1月1日付で日本パラリンピック委員会(JPC)の実務者トップとなる委員長に河合純一(44)が就任した。アスリート経験者としては初の委員長だ。同10日に東京都内であった記者会見で、河合は「アスリートセンタード(選手中心)の組織を作りたい」と語った。

 静岡県の旧舞阪町(現・浜松市)の出身。先天性の弱視で、15歳で全盲になった。筑波大学附属盲学校高等部に通っていた1992年に競泳選手としてバルセロナパラリンピックに初出場。以降、96年アトランタ、2000年シドニー、04年アテネ、08年北京、12年ロンドンの計6大会に出場し、日本選手最多の計21個(うち金5個)のメダルを獲得した。

 パラリンピック出場経験者の選手会「日本パラリンピアンズ協会」の会長などを務め、16年には日本人で初めて、国際パラリンピック委員会(IPC)のパラリンピック殿堂に入るなど、国内外で日本のパラリンピック・ムーブメントを支える一人になっている。

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです