メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

卒FIT 余剰電力の活用は?

屋根に取り付けられた太陽光パネル=山梨県北杜市で

 太陽光や風力といった再生可能エネルギー由来の電力を、事前に設定した価格で電力会社が買い取るというのが2009年に始まった固定価格買い取り制度(FIT)だ。その対象となる住宅用太陽光発電(10キロワット未満)は、10年間の期限を超えた卒FITの施設が昨年11月から出始めた。今後増え続けることになる卒FIT電力をどう活用していくのか。今年4月からは発電と送電の完全分離となる。それを機にさらに進むとみられる電力事業の競争加速を踏まえ、新旧電力事業者の思惑が交錯している。

 自宅の屋根などに太陽光パネルを設置して発電している電力は、自家消費を超えた分を、関東なら東京電力、関西なら関西電力といった、かつて地域独占を認められていた大手電力事業者が、政府が決めた価格で買い取るというのがFITの仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り4380文字(全文4729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです