メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[年度末に多い引っ越しでクルマはどうするのが正解?]必要な「愛車の手続き」と注意点

情報提供:カートップ

【年度末に多い引っ越しでクルマはどうするのが正解?】必要な「愛車の手続き」と注意点

車検証の住所変更はディーラに頼むとかえって手間がかかる!

 年度末になると、新社会人になるひとや、人事異動による転勤などで引っ越しをする人が全国的に多くなる。そんな時期が近いこともあり、気になるひとも多いのではないかと思うのが、引っ越しに伴う愛車関係の手続き。ここではどんなものがあるのかを見ていきたい。

 まずは、車検証に表記されている住所の変更手続き。当然ながら当該車の所有者本人が手続きすることもできるが、新車ディーラーで代行してもらうことも可能。

 しかし「単純に“住所が変わりました”として変更するだけではありません。新住所での車庫証明の申請及び交付が必要となります(軽自動車は必要な地域のみ事後申請)。また、ナンバープレートが変わるような住所変更は当該車両の運輸支局への持ち込みが必要となりますし、ナンバープレートの変更が必要なくとも、ディーラースタッフ(セールスマン)が運輸支局へ変更手続きに行かなければならないこともあり、代行費用は数万円となります。ローンで購入し、支払途中であれば信販会社の許可も必要となるなど非常に煩雑です。そのため、住所変更をしたいとしてご来店された方にその旨を説明すると、“それならいいや”ということになるのが一般的のようです」とは新車販売現場の事情通。

引っ越しの時に必要となる愛車の手続きと注意点

 また車検は住所変更していなくても受けることが可能。自動車税については滞納を防ぐため独自に納付書の送付先変更ができるようになっているので、住所変更せずに乗っているひとが大半のようだと前出の事情通は語る。

 セールスマンによってはすかさず、「代行申請で数万円かけるならば、新車へ代替えしてみるのはいかがですか?」とアプローチするケースが多く、結構な確率で新車へ乗り換えてもらえるとのことである。

 それでは愛車のメンテナンスはどうなるのだろうか?

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県で妊娠女性の感染確認 松戸ではヤマト運輸支店で感染拡大 新型コロナ

  2. 「緊急事態」期間は1カ月程度か 首都圏4都県、大阪、兵庫軸に

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令決断

  4. タレントのゴリけんさん、新型コロナ感染

  5. 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです