メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

的川博士の銀河教室 583 日本初の衛星「おおすみ」誕生から50年(その1)

[PR]

日本の宇宙時代の幕開け

 ちょうど50年前に起きたことです。1970年2月11日、鹿児島・内之浦(うちのうら)のロケット発射場から、4段式の固体燃料ロケット「ラムダ4S5号機」が発射されました(写真1)。ロケットの先端(せんたん)のフェアリングの中には、重さ24キロの小さな衛星が載(の)っていました。ロケットは途中(とちゅう)の手順を順序良く実行し、やがて衛星が切(き)り離(はな)されて一人旅に移りました。日本最初の衛星が誕生した瞬間(しゅんかん)でした(写真2)。

 私は当時27歳(さい)。大学院の博士課程の最後の学年。内之浦の「衛星テレメーターセンター」の一室にいました。ロケットを追跡(ついせき)中のレーダーが送ってくるロケットの上下角を読み取りながら、グラフ用紙に点で描(か)き入れていたのです。ロケットの最後の段(4段目)に点火すると、その上下角がスッと小さくなります。それこそ、衛星が軌道(きどう)に乗ることに成功した最初の証しであり、その幸せな瞬間を心待ちにしていたのです。「やったあ、火がついたぞ!」。私は急いでコントロールセンターに報告しました。

 過去に人工衛星を載(の)せてラムダ4Sロケットを打ち上げたことが4回ありました。私は4回とも同じ部屋におり、そして4回ともロケットは途中でうまく行かず、4段目点火の劇的なデータを確認するに至りませんでした。66年から始まった日本最初の人工衛星への挑戦(ちょうせん)は、予想をはるかに超(こ)えて困難な歩みとなったのでした。

 太平洋戦争に敗れた日本が、宇宙にチャレンジする思いを込(こ)めて最初に放ったロケットは「ペンシル」と呼ばれました(写真3)。55年4月に東京・国分寺(こくぶんじ)で水平に発射されたものです。私は当時中学生でした。生まれ育った故郷の広島・呉(くれ)の自宅で夕飯時のだんらん、「ペンシル」の発射を知りました。「日本もロケットで宇宙をめざすんだなあ」という兄の言葉に、何かしら希望の薫(かお)りがしたことを、懐(なつ)かしく覚(おぼ)えています。テニス漬(づ)けの毎日を送っていた田舎の少年は、その後見えない力に引き寄せられながら、人類の宇宙時代の波にのみ込(こ)まれていきました。

 そして70年2月11日、日本もついに地球を回る軌道に人工の衛星を放(ほう)り込(こ)んだ。これからいよいよ日本の宇宙時代が本格化する――今はもう存在していないあの部屋のあの瞬間の、ワクワクするような胸の高鳴りを私は今でも思い出すことができます。

 直後の記者会見で打ち上げ場所の大隅(おおすみ)半島にちなみ、「おおすみ」と命名された衛星誕生に至る日本の宇宙開発史を、数回に分けて紹介(しょうかい)することにしましょう。(つづく)


日本宇宙少年団(YAC)

 年齢・性別問わず、宇宙に興味があればだれでも団員になれます。 http://www.yac−j.or.jp


 「的川博士の銀河教室」は、宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、的川泰宣(まとがわやすのり)さんが解説するコーナー。毎日小学生新聞で2008年10月から連載(れんさい)開始。カットのイラストは漫画家(まんがか)の松本零士(まつもとれいじ)さん。


的川泰宣(まとがわやすのり)さん

 長らく日本の宇宙開発の最前線で活躍(かつやく)してきた「宇宙博士」。現在は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名誉(めいよ)教授。1942年生まれ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 厚労相「3800件は最大限可能な数字」 

  3. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  4. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです