メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博愛、チョコに込め バレンタイン商戦に「持続可能」の輪

インドネシア産カカオを使ったダリケーの生チョコを紹介する牛窪伶さん=東京都新宿区で2020年1月28日午前11時23分、椋田佳代撮影

 チョコレートの生産や購入を通して、サステナブル(持続可能)な社会を実現しようとする動きが広がっている。14日のバレンタインデーに向けた百貨店の特設会場には、原料のカカオを適正価格で購入することで途上国の生産者の所得向上につなげたり、チョコレートが1枚売れるごとに1本植樹したりするブランドの出店が相次ぐ。チョコを買うことで社会貢献ができれば、おいしさも深まりそう?【椋田佳代】

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです