メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

納豆購入額また2位 水戸市、日本一奪還ならず 「ブランド価値高める」 /茨城

納豆を無料で配布した水戸の梅大使(左)たち=水戸駅前で

 首位奪還ならず――。総務省の2019年家計調査が7日発表され、1世帯当たりの納豆購入額(県庁所在地)で、水戸市は6647円と2年連続の全国2位だった。市は名産地だけに「残念。今後も水戸納豆のブランド価値を高めていきたい」としている。

 調査結果によると、19年の納豆購入額の1位は福島市の6785円で、2位の水戸市とは138円差だった。3位は盛岡市で6399円、4位は山形市で6281円だった。

 水戸市の首位は16年が最後。それでも19年は前年より295円増えた。市と県納豆商工業協同組合は7日夕、市民への感謝の気持ちを込め、水戸駅前で納豆を無料配布した。水戸にちなんで納豆310個を用意した。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  2. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

  3. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

  4. 空港で多発した「検疫すり抜け」 破れた水際作戦 3日以降「2週間待機」厳格化

  5. 東京都内で新型コロナ感染者95人以上確認 1日あたり最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです