メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インバウンド・聖地巡礼

/38 春節の沖縄 首里城復活へ「加油」 /東京

陳さんも、手書きでメッセージを書き込んだ

 春節(旧正月。1月25日が元日)の数日、沖縄に滞在した。

 昨年、日本を訪れた訪日外国人(インバウンド)は、韓国が伸び悩んだこともあり、前年比微増の3188万人。うち最大の37%を占めたのが中国(香港含む)で、台湾からも15%が訪れた。

 中でも伸び率が高いのが沖縄だ。昨年も中国、台湾、香港合わせて年間で195万人以上。長期休暇が取りやすい春節は中国系旅行者を迎える最大のビジネスチャンス。ところが今年は「新型肺炎」の影響によって、状況が一変してしまった。

 最大の観光地・首里城にも団体客の姿はほとんどない。それでも家族連れなどの個人客はポツポツと見られた。昨年10月31日未明の出火で正殿などが燃えたというニュースは、旅行者にどう映っているのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  4. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  5. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです