メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

治療薬 どれが効く?=青野由利

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 <do-ki>

 クルーズ船の集団感染は「想定外」ではない。想像力を働かせればこうした事態は予測できる。日本政府はクルーズ船誘致を積極的に進めてきたのだから、段取りは前もってできている、と思ったら、そうではなかったらしい。

 もちろん未知の感染症には前もって準備できないものもある。治療薬やワクチンがそれ。病原体の正体がわかって初めて開発に取りかかることができる。

 しかし、どちらも短期間で実用化するのはむずかしい。そうこうしているうちに流行が終わる、というのが重症急性呼吸器症候群(SARS)の時の経験だった。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「客激減」「3連休の緩み」くっきり データで見る“自粛”度合い

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです