メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法論議どうする?

合意形成へ行動を 赤松正雄氏 元公明党憲法調査会座長

赤松正雄氏

 ――2000年に衆参両院に設置された憲法調査会の議論をどう評価しているか。

 ◆世界観が微妙に異なる各党が違いを乗り越えようと、さまざまな角度から自由に議論できた。自民党が政権を維持してきた「55年体制」が1993年に崩れ、改革志向の機運が醸成されていたこともある。社会党とも手を組んだ自民党は一種の自信喪失状態で、丁寧にやろうという意識があったし、野党第1党の民主党にも合意形成を図る気構えがあった。その成果が国民投票法(制定)に結びついた。

 ――今の憲法審査会は国民投票法改正案を巡って与野党が対立している。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです