メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 小さい出版社 異彩放つ個性的な本作り

左右社の小柳学社長=東京都渋谷区で

 従業員が1人から10人規模の「小さい出版社」の活躍が目立っている。コスト意識の高まりで、大手出版社が出せないようなテーマ、装丁や紙質にこだわった「本作り」が特徴だ。装丁家の菊地信義さん(76)は「産業として小さくなるが、紙の本はしぶとく残るだろう。これからはフリー編集者や少人数の版元の時代になる」と語る。個性的な本作りで異彩を放つ「小さい出版社」を取材した。

 左右社(東京都渋谷区)は、編集者だった小柳学さん(61)が2005年に設立した出版社である。現在、従業員は9人。文学、人文書、デザイン書、実用書などの総合出版社を目指し、19年は38冊を出版した。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  3. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

  4. 霞が関OBもカンカン…検事長の定年延長 語られぬ「条文第2項」の衝撃

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです