メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 小さい出版社 異彩放つ個性的な本作り

左右社の小柳学社長=東京都渋谷区で

 従業員が1人から10人規模の「小さい出版社」の活躍が目立っている。コスト意識の高まりで、大手出版社が出せないようなテーマ、装丁や紙質にこだわった「本作り」が特徴だ。装丁家の菊地信義さん(76)は「産業として小さくなるが、紙の本はしぶとく残るだろう。これからはフリー編集者や少人数の版元の時代になる」と語る。個性的な本作りで異彩を放つ「小さい出版社」を取材した。

 左右社(東京都渋谷区)は、編集者だった小柳学さん(61)が2005年に設立した出版社である。現在、従業員は9人。文学、人文書、デザイン書、実用書などの総合出版社を目指し、19年は38冊を出版した。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです