メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
今よみがえる森鴎外

/11 子らをひたすら慈しむ パッパと子供たち=作家・朝井まかて

 「いいお子さんですね」

 他人に子供を褒められると、鷗外は「はあ、いい子です」と、臆面もなく答えた。

 周囲は「あれが西洋流なのかねえ」と、苦笑していたようだ。親子の密着度が高い現代では珍しくない“子褒め”だが、西洋よりもむしろ江戸時代の子育てに近いように私は思う。日本人は、子が幼い間はともかく可愛がって育てた。むしろ当時の西洋の方が、子供は親に隷属する存在だ。鷗外の文学に見て取れる通り、彼は決して西洋至上主義ではない。

 ただ、明治の時代にあってはやはり稀有(けう)な父親であっただろう。子供たちの名前が於菟(おと)、茉莉(まり)、不律(ふりつ)、杏奴(あんぬ)、類(るい)と西洋風であったことは有名だが、「アンヌコ」「ボンチコ」などの愛称で可愛がりに可愛がり、自身は「パッパ」と呼ばれた。

この記事は有料記事です。

残り1953文字(全文2299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです