連載

今よみがえる森鴎外

2022年に没後100年を迎える森鴎外。毎回筆者とテーマを変えて、作品に現代の光を当て読み解きます。

連載一覧

今よみがえる森鴎外

/11 子らをひたすら慈しむ パッパと子供たち=作家・朝井まかて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「いいお子さんですね」

 他人に子供を褒められると、鷗外は「はあ、いい子です」と、臆面もなく答えた。

 周囲は「あれが西洋流なのかねえ」と、苦笑していたようだ。親子の密着度が高い現代では珍しくない“子褒め”だが、西洋よりもむしろ江戸時代の子育てに近いように私は思う。日本人は、子が幼い間はともかく可愛がって育てた。むしろ当時の西洋の方が、子供は親に隷属する存在だ。鷗外の文学に見て取れる通り、彼は決して西洋至上主義ではない。

 ただ、明治の時代にあってはやはり稀有(けう)な父親であっただろう。子供たちの名前が於菟(おと)、茉莉(まり)、不律(ふりつ)、杏奴(あんぬ)、類(るい)と西洋風であったことは有名だが、「アンヌコ」「ボンチコ」などの愛称で可愛がりに可愛がり、自身は「パッパ」と呼ばれた。

この記事は有料記事です。

残り1953文字(全文2299文字)

あわせて読みたい

注目の特集