メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

山本鼎の農民美術運動=住友文彦

 山本鼎(かなえ)が1919年に長野県神川村(現在は上田市)で始めた農民美術運動を取り上げた展覧会がおこなわれている(上田市立美術館で24日まで)。自画自刻の創作版画の立役者として知られる山本は、老齢の漁夫がゆったりと構えた姿を卓抜なデッサンによって描き出した作品で東京美術学校在学中に注目を集め、森田恒友、石井柏亭らと美術文芸誌『方寸』を創刊し、若くして才能を認められた。

 その芸術家が後半生を農民美術運動と児童自由画教育に費やしたと聞くと、意外に思われるだろうか。版画や油彩画の創作や美術団体の運営もおこないつつ、画壇における評価と直接結びつかないこれらの活動に大きな労力を注ぎ込んだ。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです