メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真珠湾から被爆実相を 広島・長崎市、75年機に今夏初原爆展

 旧日本軍による奇襲攻撃で日米開戦の舞台となった米ハワイの真珠湾でこの夏、広島市と長崎市が初めて原爆展を開く。会場は、湾内に浮かぶ戦艦ミズーリ記念館。米軍が原爆を投下した1945年8月の翌月にはその甲板上で日本代表団が降伏文書に調印した。太平洋戦争を象徴する場所での開催に、被爆者らは「互いの理解を深める機会となれば」と期待を寄せる。【小山美砂、賀有勇】

 7日に発表した広島市によると、ミズーリ記念館では7月上旬~9月3日に開催。その後、ハワイ大ヒロ校で10月上旬まで開く。展示する資料は未定だが、原爆に遭った人が当時着ていた衣服や被爆者が描いた絵画など、広島と長崎の両原爆資料館が所蔵する20点程度が出展される見通し。被爆者が体験を語る機会も設けるという。

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです