メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国政府が情報統制 新型肺炎警鐘した医師の追悼運動を警戒

新型肺炎で死亡した李文亮医師が勤務していた病院のロビーに飾られた遺影と花束=中国武漢市で7日、ロイター

[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎に警鐘を鳴らし、7日未明に院内感染とみられる肺炎で死亡した中国湖北省武漢市の医師、李文亮(りぶんりょう)さんを追悼する動きが中国国内で広がっている。

 同時に李さんが医師仲間に送った情報を「デマ」だとして摘発した武漢市公安当局への批判も激しくなっており、中国政府は追悼運動が政府批判に転化することを警戒し、情報統制に乗り出した。

 中国各地で7日午後9時(日本時間同10時)から室内の照明を点滅させ、口笛を吹く追悼行事が実施された。中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」などの呼びかけに呼応したものだった。

 しかし、中国のインターネット上ではその映像やコメントなどが表示されにくくなっている。中国メディアの記者は李さんの追悼運動については「大々的に報道しないように」と通達があったと話している。

 中国政府が追悼運動を警戒するのは、2017年7月に事実上獄中死したノーベル平和賞受賞者の民主活動家、劉暁波(りゅうぎょうは)氏以来だ。当時と同じように今回も、当局による投稿規制をかわすために、追悼の意味を込めたロウソクの写真などが投稿されている。【北京・浦松丈二】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです