特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

先行のブティジェッジ、サンダース両氏に他候補者が危機感 ニューハンプシャー州で民主党討論会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米民主党のテレビ討論会を前にした(左から)ブティジェッジ、サンダース、バイデンの各氏=ニューハンプシャー州マンチェスターで7日、AP
米民主党のテレビ討論会を前にした(左から)ブティジェッジ、サンダース、バイデンの各氏=ニューハンプシャー州マンチェスターで7日、AP

 11月の米大統領選に向けた野党・民主党の第8回候補者テレビ討論会が7日、11日に予備選が実施される東部ニューハンプシャー州マンチェスターで開催された。候補指名レースの初戦で善戦したピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長(38)とバーニー・サンダース上院議員(78)の両氏が論戦を挑まれる場面が多く、先行を許した他候補陣営の危機感が強くにじみ出た形だ。

 前回より1人多い7候補が登壇した。これまで「打倒トランプ」を共通項に、討論会での非難合戦を抑制してきた各候補だが、3日の中西部アイオワ州党員集会で指名レースがスタートするなか、今回の討論会では名指しで相手を批判し、攻守が入れ替わる展開が多くみられた。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文911文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集