メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市、自衛隊への名簿提供認める 18、22歳の住所と氏名を紙で 審議会「事務効率化」

福岡市役所=福岡市中央区で2019年2月24日、森園道子撮影

 自衛官募集の対象となる住民の個人情報を紙や電子データで自衛隊側に提供することについて、福岡市が個人情報保護審議会に諮問したことを受け、同審議会目的外利用等審査部会(村上裕章部会長)は7日、18、22歳の氏名と住所のみを紙媒体で提供することを認めた。市は2020年度から提供を開始する。5席の傍聴席を巡り、市民132人が詰めかけた。【杣谷健太、加藤小夜】

 諮問は1月31日付。自衛官の募集事務は自衛隊法で市町村の法定受託事務とされ、同法施行令で「防衛大臣は必要な報告、または資料の提出を求めることができる」と規定。一方、市個人情報保護条例は「公益上の必要」がある場合などに個人情報を提供できると定める。市はこれまで住民基本台帳法に基づき台帳閲覧を許可し、防衛省担当者が手作業で書き写していた。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. ホンダvsセガサミー 第11日第1試合スタメン 決勝かけ14時から 都市対抗

  5. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです