メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀シャリのしゃシャリでてすみません

ミステリーの犯人 すぐ分かるのがいい? 「まさかお前が!」がいい?

絵・鰻和弘

 ミステリーや探偵モノ好きな方ならわかっていただけるかと思うんですけど、ドラマとか漫画の序盤で犯人わかりすぎて、つらい時ないですか? まず、意外なやつ。そして、主人公周りにいるやつ。味方のふりしてたやつ。そもそもそのツアーに誘ってきたやつ……。ドラマ好きもベテランさんになってくると、もうラテ欄のキャストを見ただけでわかったりもしますよね。それは野暮(やぼ)だと知りながらも、さすがに犯人はええ役者さんがするやろうということで、役者さんの位の感じで脳がオートで予想してしまっている。序盤、「この役者さんやのにこの使い方もったいないな」みたいな場合は、たいがい犯人という大役を後半任されることになって、納得する。あーやっぱり、と。

 たまに作り手側が裏をかこうとして、最後に「えっ!誰やねん!こいつ誰やねん!!」ってやつを「犯人はこいつだ!」みたいな感じでジャーン!!!と出してくる時がある。第1話で見切れてたやつ、とか、3話に一瞬だけでてきただけのやつ、とか。わかるかい! 犯人もっとちゃんとした役者さんに任せよーよ! 裏の裏かきすぎや! それはそれで違うねんなあ。洋画の場合、最後犯人が「まさかの私でした」みたいな顔して出てきて…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです