メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

屋根職人求む 被災地で288棟の修理につながった「房総復興ブースター」

台風15号で損壊した屋根を修理する職人たち=館山市布良で2020年1月14日、町野幸撮影

 2019年9月の台風15号から9日で5カ月がたつ。住宅被害が約7万棟に及んだ千葉県内では今なお屋根が修理できずブルーシートに覆われた住宅が目につく。背景に職人不足があり、被災地では支援金を募って全国から職人を呼び込む民間のプロジェクトが行われ、288棟の屋根の修理につながった。【町野幸】

 プロジェクトは「房総復興ブースター」と名付けられ、館山市、南房総市、鋸南町からそれぞれ委嘱された「地域おこし協力隊」の有志3人が19年9月にスタートさせ、今年1月末まで行われた。プロジェクト代表の中丸仁さん(42)によると、1月になっても修理まで「2~3年待ち」と言われている住宅も多いという。対応できる職人が足りないためだ…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  5. 「安倍氏が自らの言葉で説明責任果たすべき」 野田聖子・自民幹事長代行、桜前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです