新型肺炎感染のバス運転手が全快し退院 奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 奈良県は8日、新型コロナウイルスに感染した県内在住の60代男性バス運転手が全快し、県内の医療機関を退院したと発表した。「個人情報保護の観点から公表は差し控える」として、退院した日付や医療機関名などは明らかにしていない。

 この運転手に関わった医療機関の従事者ら県内の濃厚接触者17人について、全員の健…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文239文字)

あわせて読みたい

注目の特集