メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府、ギャンブル依存症対策の拠点設置へ 切れ目ない支援体制構築

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府は2020年度に、ギャンブル依存症対策の拠点となる「OATIS(オーティス)」を設置する。依存症患者の相談や支援に現在もあたっている「こころの健康総合センター」(大阪市住吉区)と、治療・研究施設の「大阪精神医療センター」(枚方市)を連携させ、相談から治療まで、切れ目のない支援体制を構築する狙い。

 国の17年度の調査によると、ギャンブル依存症が疑われる人は全国で成人全体の0・8%と推計され、大阪府では4万9000人に上るとみられる。一方で、18年度に府内の依存症専門医療機関5施設で受診した患者は370人にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです