メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルコンテンツ市場、2018年は2.6兆円 動画がけん引、4年で倍

国内デジタルコンテンツ市場規模

 インターネット動画配信や電子書籍など国内デジタルコンテンツ市場の実態が8日、初の政府による調査で明らかになった。映像、ゲーム、音楽、出版を合わせた2018年の総市場規模は2・6兆円で、比較可能な14年から1・9倍と大幅に拡大した。テレビや紙の書籍などの非デジタルコンテンツは7・2兆円と規模で上回るものの、同期間に約1000億円減少しており、勢いの差が明確になっている。

 デジタルで最も成長したのは映像(市場規模約3800億円)で、14年の2・1倍に急拡大した。15年に参入した米ネットフリックスなどの定額制動画配信サービス(SVOD)が1・8倍の約2900億円となり、一気に存在感が高まった。ゲームは1・9倍の1・5兆円で、スマートフォン向けが貢献して大幅に拡大した。音楽や出版も年平均10%を超える堅調な成長となった。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです