メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上・実業団の選手移籍 円満でない場合の出場制限「無制限」から「最長1年」に 規定緩和

一斉にスタートするニューイヤー駅伝第1区の選手たち=前橋市の群馬県庁前で2020年1月1日午前9時15分、喜屋武真之介撮影

 陸上の実業団所属選手の移籍を制限する規定について、公正取引委員会から独占禁止法違反の可能性があるとして改善を要請されていた日本実業団陸上競技連合(西川晃一郎会長)は8日、前所属チームの了承を得られない場合の駅伝などチーム種目への出場制限期間を、現行の無制限から最長1年に緩和することを決めた。2020年度から適用する予定。

 山口市内で8日に理事会を開き、決定した。現行規定では、「円満移籍」でない限り実業団選手登録が認められず、連合主催大会の個人種目にも出場できなかった。主な目的は主力選手の引き抜き防止だったが、公取委は「合理性、必要性が十分に認められているとは言いがたい」と抜本的な改善を求めた。

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 入院調整中の患者1人死亡 経過観察中に容体急変 栃木

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  5. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです