メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県種子条例を評価 食の安全イベント 佐久穂 /長野

 食の安全について多角的に考えるイベントがこのほど、佐久穂町生涯学習館「花の郷・茂来館」(同町海瀬)であった。市民団体「種でつながる種をつなげる佐久地方」などの3団体が主催した。

 県内の農家や消費者でつくる「NAGANO農と食の会」のメンバーで、「タネと内臓」の著書もある吉田太郎さんが「タネからはじまる豊かな暮らし」と題して講演した。

 吉田さんは、米や大豆などの種の生産を都道府県に義務付ける「主要農作物種子法」(種子法)が2018年4月に廃止されたことで生まれるリスクを解説。その地域に根差した種が守られず、種の多様性が失われる危険性が高まるという。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです