メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県種子条例を評価 食の安全イベント 佐久穂 /長野

 食の安全について多角的に考えるイベントがこのほど、佐久穂町生涯学習館「花の郷・茂来館」(同町海瀬)であった。市民団体「種でつながる種をつなげる佐久地方」などの3団体が主催した。

 県内の農家や消費者でつくる「NAGANO農と食の会」のメンバーで、「タネと内臓」の著書もある吉田太郎さんが「タネからはじまる豊かな暮らし」と題して講演した。

 吉田さんは、米や大豆などの種の生産を都道府県に義務付ける「主要農作物種子法」(種子法)が2018年4月に廃止されたことで生まれるリスクを解説。その地域に根差した種が守られず、種の多様性が失われる危険性が高まるという。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. ハナマウイ、痛い走塁ミス 初白星ならず 四国銀は13大会ぶり2勝目 都市対抗野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです