メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

猫の駅長は、なぜ人に慣れてるの? /和歌山

 なるほドリ 和歌山電鉄貴志川線は、猫の駅長たちがいることで有名だね。いろいろなイベントで見かける機会も多いけれど、とても人間に慣れているのはどうしてかな?

 記者 現在、貴志川線には貴志駅のニタマ駅長(9歳)と伊太祈曽駅のよんたま駅長(3歳)の2匹の雌の三毛猫がいます。イベントなどの際、同電鉄の小嶋光信社長に抱かれて登場し、大勢の乗客が撮影しようと近づいても逃げず、おとなしくカメラモデルになっています。生後間もない子猫の時から多くの知らない人に接しているので、人間に慣れているのです。

 Q どこの、どんな場面で慣れてきたのかな?

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです