メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界の屋台」で国際交流 留学生らが6種類の料理 周南 /山口

出来上がったチヂミを振る舞う韓国人留学生(右)

 食文化を通じて外国人と日本人が交流を深めるイベント「レッツ・エンジョイ 世界の屋台」(周南市国際交流サロン運営委員会主催)が8日、同市児玉町の市徳山保健センターであり、市内の大学で学ぶ留学生や市民ボランティアなど約60人が参加した。

 参加者は外国人と日本人混成の6グループに分かれ、各国の留学生らを講師役に、チヂミ(韓国)▽エビチャーハン(中国)▽生春巻き(ベトナ…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです