メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

新型コロナウイルスの流行 感染症との戦い方問う=中西寛・京都大教授

=北山夏帆撮影

 中国武漢市から発生した新型コロナウイルスが世界を震撼(しんかん)させている。現在確認された感染者は3万5000人程度、死者は700人余りであり、その圧倒的多数は中国国内である。新しいウイルスが流行する場合、感染力や毒性が変化することもあるので注意を怠ってはならないが、現時点では毒性はそれほど強くなく、はしかのように空気感染で広まる可能性はないようだ。

 しかしこの状況はかえって対策を悩ましいものにする。中国の特定都市に感染者が集中している現状を考えれば、各国政府が行っているように感染者の入国や行動を管理する封じ込め措置で感染拡大を阻止できるように思われる。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです