メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

みずほ銀行 実りあるサービス誓い

 起源は日本初の銀行として1873年に誕生した「第一国立銀行」にまでさかのぼる。

 設立者は「日本の資本主義の父」と言われ、2024年度上期に新1万円札の肖像になる予定の渋沢栄一だ。

 第一国立銀行の流れをくむ第一銀行と、1897年創設の日本勧業銀行が1971年に合併し、第一勧業銀行が誕生。さらに旧安田財閥系の安田銀行を源流とする富士銀行、1902年設立の日本興業銀行と2002年に合併し、みずほ銀行が生まれた。1990年代のバブル崩壊後の、生き残りをかけた業界再…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

  5. 「取っとけや」隅に呼び出し30万円 河井前法相の強引な手法次々と 案里議員陣営選挙違反

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです