メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

みずほ銀行 実りあるサービス誓い

 起源は日本初の銀行として1873年に誕生した「第一国立銀行」にまでさかのぼる。

 設立者は「日本の資本主義の父」と言われ、2024年度上期に新1万円札の肖像になる予定の渋沢栄一だ。

 第一国立銀行の流れをくむ第一銀行と、1897年創設の日本勧業銀行が1971年に合併し、第一勧業銀行が誕生。さらに旧安田財閥系の安田銀行を源流とする富士銀行、1902年設立の日本興業銀行と2002年に合併し、みずほ銀行が生まれた。1990年代のバブル崩壊後の、生き残りをかけた業界再…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです